Zenfone2laserからZenfone3 max5.5に買い替えレビュー

こんにちは、surikoです。

スマホはZenfone2laserを愛用していたのですが、1年半で落としに落としまくった結果、ついに画面が割れてしまったので、同じZenfoneの3max5.5(ZC553KL)という機種に買い替えました。

Simフリーなので、本体だけ購入して、Simを移し替えて使うだけ。いいねSimフリー。

両方とも京都のヨドバシで購入し、価格は2laserで19000円ほどでしたが、3max5.5は30000円でした。

 

性能

Zenfone 2 laser → Zenfone3max5.5

CPU:Qualcomm Snapdragon 410 → Qualcomm Snapdragon 430

内蔵メモリ:ROM 16GB RAM 2GB → ROM 32GB RAM 3GB

バッテリー:2400 mAh → 4100 mAh

画面サイズ:5インチ(1280×720) → 5.5インチ(1920×1080 FullHD)

カメラ:背面1300万画素(前500万画素) → 背面1600万画素(前800万画素)

 

など全体的に大きく進化しています。

スマホの全体的な性能を数値化するベンチマークアプリ「AnTuTu」では

2laser:23000~24000

3max5.5:44000~45000

と倍近くまで数値が上がっています。

 

新機能というかバッテリー容量が41,00mAhと大きいので、スマホ自体をモバイルバッテリーとして仕様する事も出来るようになりました。

 

見た目

まずは見た目が大きく変わりました。

2laserでは全体的にプラスチック製でしたが、3maxではメタルボディーになり高級感が増しました。

SimやmicroSDを差し込むのも2laserは背面のプラスチックカバーをガバッと剥がしていましたが、3maxではiphoneと同じように側面にSim・MicroSDトレイがあるタイプになります。

 

カメラは3max5.5では一切出っ張りがなく、傷を気にせず使うようになりました。

また格安スマホも最近は指紋認証が搭載されはじめました。

今まで2laserではスリープ状態からの起動の際に画面をダブルタップで起動し、パターンを打ち込むという流れでしたが、

3max5.5ではダブルタップ起動がなくなり、背面の指紋認証に指を当てるだけで起動+ロック解除となりました。

指紋認証に指を当てるだけで勝手に起動するという感じです。

 

Zenfone3max5.5で桂川を撮影してきました。Lightroomで少しいじっていますが、いじって変わるほど画質になったということですね凄い。

快晴ではないので、青が綺麗に出ていませんが、それでもとても綺麗に撮れています。

Zenfone2laserもカメラの性能は高かったのですが、それ以上です。

 

上が3max5.5で下が2laser。

側面上部にあった起動ボタンは3maxでは横面に移動しました。

また、2laserでは背面にあった音量調節ボタンは、3maxでは側面の電源ボタンの上に移動し、よりスマートになりました。

 

まとめ

1万円の値段差でここまで進化するとは、格安スマホの進化はすごいと感じました。

私はPC人間なので、スマホに関してはほとんどこだわりがなく、ゲームもほとんどしないので、

使った感想では、性能よりも指紋認証など外に付いた新機能のほうに進化を感じました。

5.5インチを選んだので、手が大きくない私は少しフリック入力が打ちにくいと感じましたが、

3max5.5では両手で使うのがデフォとなりそうです。

Suriko

旅や面白い所、不思議な所、絶景な所、ラーメンが好き。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です