Kindle端末を買おうかどうか迷っている読書の秋のとある1日

こんにちはsurikoです!

私は本が好きで、休みの日や仕事の合間にジャンル様々本を読んですごす機会が多いのですが、ここ数年はKindle(スマホアプリ)で本を読む事が多く、どうしても読みたい本が無かったら紙の本を購入といった具合で、読書と言えどペーパーレス化が進んでいます。

スマホで読むと、大きさも手の内に収まり、分厚い本でも手の疲れを気にする事はありません。

ですが、スマホ読むとなると、電池の減りは気になるし、常にブルーライト軽減モードにする癖がついてしまって、写真を見ているときなど読書とは違う作業をしているときに、はっと気づく瞬間がよくあるのであまり好ましくありません。

その点、本を読むためだけに作られたKindle端末であれば、大量の本を持ち歩く事が出来て、バッテリーは一度の充電で数週間持つといいますし、その見た目も紙のような読み心地だそうです。

ただし欠点として、残像が残りやすかったり、ページめくるレスポンスが遅かったりと色々気になる点もある模様。

残像は漫画などで目立つようですが、漫画は読まないので特に気にする事もないかもしれません。

問題はページのめくりやすさといった扱いやすさですね。

仮にも本を読むためだけの端末なのですから、ストレスフリーで楽しみたいのですが、ページがめくれずイライラするというのはいただけません(紙でもうまくめくれないときあるけど)。

Kindle 端末は3種類あり

・Kindle(無印)¥8,980~

・Kindle paperwhite ¥13,980~

・Kindle Oasis ¥29,980~

最上位のモデルOasisは「ページおくりボタン」というのが存在し、画面に触れなくても二つのボタンで前後のページに移動してくれるようでとても便利に見えます。

しかし、いかんせん高い

29,980円払うのなら、そのために為になる本を何冊買えるのか計算してしまうとなかなか手が出せません。

大好きなガジェットに目をくらむと、本末転倒になりかねません。本が読めればなんでもいいんですから。

一番安い無印ではどうか?

LEDもついてて、ライトが無くても読書が可能。安い変わりに防水機能はついていませんが、お風呂で本を読む事なんてないし、今までもスマホをお風呂に持ち込んで本を読むなんて事はなかったので必要ないと言えます。

これなら9000円をはらうにしても、何百冊もいつでも持ち歩けて、いつでも好きな本を読めるというのは魅力的なんではないでしょうか?

そしてもう一度問題点を振り返ると、ページ送りボタンが存在しないという事がどうしても気になります。

スマホならスワイプですんなりラグなく読める事が出来ますが、9000円の端末がそんなにすんなり動いてくれるのかどうか…。

そもそもMicro USBというのもあまり乗り気ではない。

スマホも何からType-Cでやっとそろえ始めてきた所で、Kindleを買えば再びmicrousbのコードを持ち歩かなければならないというのは気が引けます。(数週間に一度の充電とは言え、いざ充電したいときにはやっぱりコードがないと困る)

ここにきて、一度Ipadを買おうかとまで悩みましたが、Ipadは常に持ち歩くには重い。

しかも映画は家のPCモニタで見ますし、それ以外もすべてPCでする。

本を読むためだけに開発されたKindleは気軽に持ち運べて良い気がする。

本を何冊も変える値段で、しかもスマホをもっている中で、お金を出して買う価値があるのかどうか。

 

僕の現在の状況(買うか買うまいか悩む理由も含め)は、

・本を読む頻度は、その都度読む本のページ数にもよりますが、平均して月20~30冊くらい。

・漫画や雑誌は読まないので、白黒で問題はない。

・紙でなければならない等の拘りはなく、現在はスマホのKindleアプリで本をデータ購入もよくしている

・同時に何冊もの本に手をつける事はなく、一冊読み終えてから次の本を読み始める

・昼間など特に、スマホのガラス面に光が反射するのが気になる

・持っているスマホのディスプレイは6.4インチ、Kindle無印は6インチ。一度に表示される文字数を合わせると、はやはり小さくなってしまったり、ページめくりが多くなるのが気になるのかどうか

 

持っている人が居たら、ぜひ良い点を教えて下さい、そして僕の背中を押してください!(買う…に傾いているので…。)

Suriko

旅や面白い所、不思議な所、絶景な所、ラーメンが好き。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です